現在位置
Home  > 製品案内  > 計量機器(はかり)  > 高精度型体組成計(DF860K)

高精度型体組成計(DF860K)

体組成をより正確に測定。プリント・通信機能搭載。

  1. 8電極部位別全身測定
  2. プリンター付き測定結果を印字可能
  3. 国家検定品

特長

Yamato独自のウエスト入力方式

ウエストを入力しない従来の体組成計では、高精度は望めません、
つまり腹部に集中して脂肪が増えた場合、全身の体脂肪率は増加しますが、腹部の脂肪増加は見抜けません。腹部のインピーダンスを測定するとともにウエスト入力が重要な鍵となるのです。

8電極全身測定方式

手・手間や足・足間だけを測定し、全身の体組成を推定する方法では、明らかに精度の限界があるだけでなく、測定者によっては間違ったデータになることもあります。
Yamatoはより正確さを求めて全身を8つの電極(8電極式)を利用し測定します。

部位別測定方式

全身測定方式において測定点を切替え、上肢左右、下肢左右と部位別情報を表示し、より正確な測定を実現しました。

測定結果のプリント機能

食事療法の成果は体脂肪・内蔵脂肪断面積指数値で運動療法の成果は骨格筋量でチェック出来ます。
健康管理には一時的な身体データの増減ではなく、食事と運動のバランスと長期的な身体データの管理が必要です。
DF-860Kでは、測定結果をプリント及びパソコン出力が出来、長期的な健康管理に役立ちます。プリント枚数は「1枚・2枚・プリントしない」から選ぶことが出来ます。

パソコン通信機能

PCに測定データを取り込むことが出来ます。(外部出力はRS−232C端子、又はUSB端子のどちらかを選択していただけます)
※アプリケーションソフトは付属しておりません。

手元コントローラ測定スティック

立ったままで操作が出来る手元コントローラや測定スティックは、楽な姿勢でお使い頂けます。操作案内表示やテンキー入力で身長などの個人情報の入力もわかり易く、初めての方でも簡単にお使い頂けます。

呼吸ガス分析による基礎代謝の表示

呼吸ガス分析と除脂肪量より求めた基礎代謝量を1kcal ⁄ 日単位でプリント。

仕様

ひょう量 150kg
目量 50g
測定方式 多周波8電極BI法
測定範囲 BMI 10.0〜50.0 ⁄ 0.1単位
体脂肪率 4.0〜50.0% ⁄ 0.1%単位
筋肉量 5.00〜75.00kg ⁄ 0.05kg単位
基礎代謝量 600〜3600kcal ⁄ 1kcal単位
推定骨量 0.50〜5.00kg ⁄ 0.05kg単位
推定水分量 5.00〜109.45kg ⁄ 0..5kg単位
価格(税別) オープン価格
この商品に関するお問い合わせ先
Tel:092-281-0135
Fax:092-271-1905
受付時間:9:00~17:30(平日) (土・日・祝祭日および当社休業日は除く)
〒812-0028 福岡市博多区須崎町3番6号
株式会社石蔵商店本社⁄計量機器営業部

メールでのお問い合わせ・資料請求はこちら


JCSS
当社は、認定基準としてJIS Q 17025(ISO/IEC 17025)を用い、認定スキームをISO/IEC 17011に従って運営されているJCSSの下で認定されています。
JCSSを運営している認定機関(IAJapan)は、アジア太平洋試験所認定協力機構(APLAC)及び国際試験所認定協力機構(ILAC)の相互承認に署名しています。
当社新宮工場校正室は、国際MRA対応JCSS認定事業者です。
JCSS 0216は当校正室の認定番号です。
  • 石蔵商店建材事業部

このページの先頭へ