現在位置
Home  > 製品案内  > 計量機器(はかり)  > 加熱乾燥式水分計(MX-50)

加熱乾燥式水分計(MX-50)

新しい水分率計測の提案。
ご用途に合わせて水分率表示、0.001%から0.1%まで

写真:加熱乾燥式水分計(MX-50)

直管型のハロゲンランプと新機構SRA採用により高速・均一な加熱

自分で最適加熱温度を決定する加熱温度判定機能

  • 写真:加熱乾燥式水分計(MX-50)
  • 写真:加熱乾燥式水分計(MX-50)
  • 写真:加熱乾燥式水分計(MX-50)
  • 加熱温度判定ソフトを利用した測定例

    加熱温度判定ソフトを利用した測定例

  • グラフィックソフトを利用した測定例

    グラフィックソフトを利用した測定例

  • 除電器〈イオナイザー〉AD-1683(オプション)

    除電器〈イオナイザー〉AD-1683
    (オプション)

特長

  1. 質量センサーシステムSHS搭載 ※特許取得
  2. 直管型ハロゲンランプと新機構SRA採用により高速・均一な加熱
  3. 加熱乾燥式水分計で測定したデータを簡単にPCに取り込むWinCT-Moisture標準添付
  4. RS-232Cインターフェース装備
  5. 加熱温度の校正
  6. 水分率の精度確認用サンプル付属
  7. 標準・急速・自動終了・タイマー・マニュアルモード
  8. 加熱温度判定機能(自分で最適加熱温度を決定)
  9. 標準、急速、緩速 3つのステップ力の熱パターン

測定したデータを簡単にPCに取り込むWinCT-Moisture

  1. 水分率の時間変化をグラフ表示
  2. 短時間で精度よく測定
  3. 最適加熱条件を短時間で自動判定 ※特許取得
  4. サンプル資料集付属
  5. 測定データの統計処理が可能
  6. データをCSVファイルに保存可能
  7. 水分率以外の物性変化の定量化
  8. USBコンバータ(別売)によりUSB接続も可能

仕様

ひょう量 51g
測定精度
再現性(標準偏差)
水分率(試料5g以上) 0.02%
水分率(試料1g以上) 0.1%
質量表示 0.001g
最小表示 水分率(選択可能) 0.01%(0.1%)
質量表示 0.001g
温度設定範囲 50~200℃(1℃ステップ)
測定単位 水分率%、固形分%、比率%、質量表示
通信用ソフト(CD-ROMにて供給) WinCT-Moisture標準付属
測定終了条件の記憶 20セット
データメモリ機能 100データ
加熱方式 ハロゲンランプ(直管式、最大加熱能力400W)
試料皿 φ85mm
外形寸法/自重 215(W)×(D)×(H)mm/約6kg
JANコード 4981046600118
価格(税別) 198,000円

計量皿の材質=A1050(アルミ)

オプション

オプション形式 仕様他 価格(税別)
AX-MX-31 試料皿(φ85mm、100枚) 8,000円
AX-MX-32-1 ガラス繊維シート(液体測定用φ70mm、濾紙、100枚) 5,000円
AX-MX-32-2 ガラス繊維シート(液体測定用φ78mm、ガラスペーパー、100枚) 3,000円
AX-MX-33 テストサンプル(酒石酸ナトリウム、30g×12個) 6,000円
AX-MX-34-120V
ハロゲンランプ(100~120V)
5,000円
AX-MX-35 試料皿取手(2個) 2,000円
AX-MX-36 ピンセット(2個) 1,000円
AX-MX-37 スプーン(2個) 1,300円
AX-MX-38 表示部保護カバー(5枚) 3,500円
AX-MX-39 本体カバー 1,000円
AX-MX-40 RS-232Cケーブル(2m、25P-9P) 5,000円
AX-MX-41 校正用分銅(20g、OIML F1級精度) 6,000円
AX-MX-42 WinCT-Moisture(データ処理ソフトウェア) 20,000円
AX-MX-43 温度キャリブレータ
(校正証明書付き、MS-70及びMX-50に使用可能)
40,000円
AX-USB-25P USBコンバータ・ケーブルセット 10,000円
AD-8121B コンパクト・プリンタ(統計・演算機能付き) 65,000円
この商品に関するお問い合わせ先
Tel:092-281-0135
Fax:092-271-1905
受付時間:9:00~17:30(平日) (土・日・祝祭日および当社休業日は除く)
〒812-0028 福岡市博多区須崎町3番6号
株式会社石蔵商店本社⁄計量機器営業部

メールでのお問い合わせ・資料請求はこちら


JCSS
当社は、認定基準としてJIS Q 17025(ISO/IEC 17025)を用い、認定スキームをISO/IEC 17011に従って運営されているJCSSの下で認定されています。
JCSSを運営している認定機関(IAJapan)は、アジア太平洋試験所認定協力機構(APLAC)及び国際試験所認定協力機構(ILAC)の相互承認に署名しています。
当社新宮工場校正室は、国際MRA対応JCSS認定事業者です。
JCSS 0216は当校正室の認定番号です。
  • 石蔵商店建材事業部

このページの先頭へ